夜勤ばっかりやってられない!

看護師はやりがいのある仕事。でも、病院によっては夜勤があまりにも多かったり、職場の環境が悪かったりと
日々悩める看護師も大勢います。
もうこんな仕事嫌!辞めてやる!など悩んでいる看護師は大勢いるのです。
実際辞めたくても踏ん張っている看護師もいます。
そんな看護師の不満・悩みエピソード満載!
今後の看護師人生を考えている貴方のお役に立てるサイトです。

女性 20代
精神科3年

私のこと

精神科で3年間働いていました。

きっかけは2年目

はじめの1年目はやめたいと思わなかったのですが、2年目になってから徐々に夜勤が増えていきました。
そして子供がいない看護師は夜勤できると上司が当たり前のように思っているのを知った時、辞めたいと思いました。

優しい先輩

病院の対応は丁寧でしたし、先輩たちは優しく、過ごしやすかったです。

夜勤が最悪

夜勤が3交代で、月10~12回の夜勤がありました。
患者さんから文句を言われて、給料と仕事量を天秤にかけたら、この仕事は割に合わないなぁと感じるようになりました。

疲れが体にでてしまう

疲れで休みの日も寝ていました。
肩こりの症状が出て、頭痛が日に日にひどくなりました。2日に1度は病院に通っていました。

退職を決断

正看護師になるために退職しました。
ほかの病院に転職しようと思いました。

現在は派遣の日々

看護師の派遣バイトや普通の派遣をやっています。
普通の仕事をしてみることで、気持ちが楽になりました。
看護師の派遣も登録しておくことで看護師へのモチベーションも下げないようにしています。
いつでも看護師へ戻れるようにしています。

まずは相談が大事

辛いときは、やめてもいいと思います。逃げているとは思いません。
自分にあった科や病院を見つけて転職するのもいいのかなと思います。
多少の我慢はいると思いますが、体調が悪くなるまで頑張る必要はないかなと思っています。
患者さんを看ないといけない仕事なので、責任が強く押し付けられます。
悩んだときは、友人に相談したり、新人であれば同じ目線で相談に乗ってくれるプリセプターに相談するのがいいかなと思います。
また、あまり難しく考えすぎず、違う病院の人に相談するのもいいとおもいます。そうすることで新しい考えが出てくると思います。
人間関係が良い病院だと相談にも乗ってくれるので、人間関係は大切だと思います。